特集☆クラウドファンディングのやり方とは?

どのような活用法を考えるかを

クラウドファンディングのやり方を考える時は、サイトの比較をする必要があります。当サイトを見ると、どのような種類があるかを知ることができます。比較することによって自分が求める条件に気が付くこともあり便利です。

クラウドファンディングによってビジネスを開始しやすくなります。資金をいかに集めるかが新しいビジネスを開始する上で大切です。クラウドファンディングによって多くの人から資金を集めるのが容易になり便利です。こうしたシステムは有効活用する必要があります。

クラウドファンディングには様々な種類があるサイトを見ると、様々な種類の存在を確認できます。融資型のクラウドファンディングなども人気があります。融資型か投資型かの選択をするのは大切で、投資型のクラウドファンディングを選ぶと、そのビジネスが成功した時に配当金などを得ることができます。

A-port

総合評価 ★★★★★
利用しやすさ ★★★★★
掲載情報量 ★★★★
サービス度 ★★★★★
満足度 ★★★★

ポイント

  • プロジェクトを朝日新聞媒体を通じて広く発信する
  • 新聞媒体を利用するので、幅広い世代にアプローチできる
  • プロジェクトの魅力を最大限に活かすことができる

A-portは特集記事の他に一般記事でもプロジェクトを取り上げてアピールします。さらにWEBや雑誌、テレビなど新聞以外の媒体も積極的に活用して、プロジェクトのアピールを行っています。このようにA-portは発信力が強いという特徴があります。

クラウドファンディングであるA-portのやり方は、インターネットから申し込むことができます。プロジェクトの申し込み方法は、サイト内にある申し込みシートにプロジェクトの概要など必要事項を記入するだけなので簡単です。

A-portの資金調達法は、達成時実行型と実行確約型の2種類があります。達成時実行型は調達期間が最大80日で目標金額に達成した場合のみ、その金額を手にすることができます。実行確約型は目標金額に達成していなくても、その資金を手に入れることが可能です。

FUNDINNO

総合評価 ★★★★★
利用しやすさ ★★★
掲載情報量 ★★★★
サービス度 ★★★
満足度 ★★★

ポイント

  • エンジェル投資家になって、ベンチャー企業を支援できる
  • 株式投資型クラウドファンディングである
  • 多くの案件にプロの投資家も参加している

FUNDINNOはプロの投資家も参加している株式投資型クラウドファンディングです。事業計画のサポートや実績の管理など、資金調達後の事業フォローも積極的に行っているので、安心して利用することができます。

応募企業の厳正な審査を行っているという特徴もあります。将来的に成長する起業であるか、独自性を持ったビジネスを展開しているかなどを確認する審査を行っているので、投資価値のある企業に投資することができます。

やり方は、プロジェクトを探すことから始めます。プロジェクトの中でエンジェル税制の対象となる企業に投資した場合は、投資の金額に応じて所得税の優遇措置を受けることができます。

【FUNDINNO】

CAMPFIRE

総合評価 ★★★★
利用しやすさ ★★★★
掲載情報量 ★★★★★
サービス度 ★★★★
満足度 ★★★★★

ポイント

  • プロジェクトでのみ入手できるリターンが得られる
  • ニーズの把握やパトロンとの意思疎通が可能である
  • 1万円から資金調達を行うことができる

クラウドファンディングには投資型や株式型など、複数のやり方が存在しています。CAMPFIREはクラウドファンディングのサービスを提供していて、プロジェクトのみで入手可能なリターンが得られるという特徴を有します。オリジナルグッズの製作が可能なサービスもあり、トートバッグなどを作ることが可能です。

プロジェクトの実施の前にニーズの把握ができるので、在庫リスクなどを大幅に減らすことが可能です。資金提供を行った人に対して、メールでの通知がリアルタイムで行われることになっています。メッセージ機能があるので、パトロンとの意思疎通が行えるという特徴を持っています。

プロジェクトの実施に必要とされる資金を1万円から募ることができるようになっています。CAMPFIREで載せられたプロジェクトは取材を受けた経験があり、またプロジェクトにおいてSNSでの共有により共感が呼べる点も特徴として挙げられています。

Readyfor

総合評価 ★★★★
利用しやすさ ★★★★★
掲載情報量 ★★★★
サービス度 ★★★★★
満足度 ★★★

ポイント

  • クラウドファンディングを通じて社会貢献が出来る
  • 地域初プロジェクトで地域の活性化
  • 世界に感動を伝えるアートのプロジェクト

クラウドファンディングのプロジェクトというのは実に多種多様です。今までは実現不可能に思われていたことが、クラウドファンディングの登場により、世界と人とを結びつけ、様々なことに挑戦できる時代になりました。

国内最大規模のプラットフォームReadyforにて夢や活動内容を発信することで、協力者や資金提供者を募ることができます。社会貢献から地域の活性化プロジェクト、そしてアート活動など幅広いプロジェクトが進行中です。

クラウドファンディングは誰でも参加することができ、やり方は難しくはありません。インターネットのプラットフォームを通じて支援者を募り、プロジェクトに必要な資金を集めます。

GREEN FUNDING

総合評価 ★★★★
利用しやすさ ★★★
掲載情報量 ★★★
サービス度 ★★★★
満足度 ★★★

ポイント

  • あっと驚くアイディアが世界を変える
  • 支援者の存在が不可能を可能にする
  • 技術革新と生活の利便性をもたらす

クラウドファンディングのやり方を知れば、できないことを可能にしたり、また、自らが支援者となって面白いプロジェクトに参加することができます。人々の関心を集めることができれば、それだけ支援につながっていきます。

数あるプラットフォームの中でGREEN FUNDINGが選ばれる理由は、成功率が高いことにあります。Tポイントを使って気軽にプロジェクトに参加することが出来るため、他のプラットフォームに比べて参加へのハードルが低いです。

プロジェクトの掲載数ではなく、成功率を重視する理由は、提案者の懸案事項であるプロジェクトを成功できるか否かにGREEN FUNDINGが寄り添い、精巧へと導きます。

MotionGallery

総合評価 ★★★
利用しやすさ ★★★★
掲載情報量 ★★★★
サービス度 ★★★★
満足度 ★★★

ポイント

  • クラウドファンディングで始まるクリエイティブ
  • 日本最大級のプラットフォームだから集まりやすい
  • 集めたお金を元に活動に取り組むことが出来る

最近クラウドファンディングが盛んです。MotionGalleryは日本最大級の規模を誇り、プロジェクトのカテゴリーはアートやテクノロジーなど多岐にわたり、あらゆる分野に対応できるクラウドファンディングを提供しています。

クラウドファンディングのやり方は至って簡単です。MotionGalleryが人と人とを繋ぐ役割を担っており、共感や関心を得られることでプロジェクトに必要な資金を気軽に集めることができます。共感車が多いほど資金が集まりやすいです。

すでに、MotionGalleryでは20億円もの資金集めに成功した実績があり、信頼のクラウドファンディングプラットフォームとしてその名を知られるようになりました。

一般的なクラウドファンディングの形態ややり方の概要

現在のところ、クラウドファンディングの種類としては、投資型・寄付型・購入型・融資型・ファンド型、これらの5つからなっている様子になっています。それでは、こうしたクラウドファンディングの各形態種類の内容といったものが、いかなるお金集めとしてのサービス内容になっているのかについて、個々に見ていく事にします。まずは投資型のものについてです。この形態のものの場合、基本的に起業・創業などをしたい個人や法人などを対象にして、株式分配をしてもらうのと引き換えに、投資家からの出資をしてもらう仕様になっています。このため、事業者以外の一私人の方向きではない面もあり、課題があります。次は、寄付型のものになります。こちらの形態種類のものでは、他の形態のものとは異なり、見返りを求めないで寄付だけを募る形のものになります。ただし、具体性のある入念なプロジェクトの立案が必要になる上に、見返りが無い分、信用されない点で課題がない訳ではありません。

今度は購入型のものになります。必ず、対価にあたる見返りを設定しておく事が必要的な前提条件になっていますので、必ず見返りによるリターンを得られるといった保証がある点で、当事者間の信頼関係を築きやすいといった点でも、大変人気がある形態種類でもあります。そうした面があり、人脈形成なども構築をしていきやすく、様々な面でメリットがある事からも、大変注目をされています。4つ目は融資型のものです。こちらは募集者本人が立てたプロジェクトに対して、お金を貸し付けるといった形で支援をしていく形態のものになります。別名を『匿名契約型』などとも呼ばれている形態種類のものでもある分、基本的にお金の貸付という形であり、消費者金融その他の多重債務者などの方の場合、正直審査面で厳しいところがありますので、その点に注意が必要なところもあります。最後はファンド型のものについてです。先にお話した融資型の発展型でもある、匿名契約を通じた契約環境で利用をしていくものになりますが、プロジェクト起案者自身が、出資者が加入している匿名組合への起案出願をして、その上で出資をしてもらうという仕様になっています。その分、個人の起案者には正直、審査面での厳しさがあります。

これら以上のような、形態種類に関しての概要の内容になりますが、そうした分なだけあって、その応募・起案のやり方なども、それぞれの形態種類のサービス内容に合わせた設定にしていかなくてはならない面があるうえに、その都度の修正をサービス運営者側から指示をされたりする事も、決して少なくはありません。何れにせよ、どの形態のものではあっても、お金のやり取りをしていくという内容のものには変わりがありませんので、その点をよく留意をしながら、お申し込みへのぞんでいく覚悟が必要になってくるところがあります。しかし、それでも全体的に見てみると、やはり必ず見返りの条件がきちんとしていれば必ずそれなりの対価を確立していける、購入型の種類のもののほうが、一番メリットがあるところは確かです。ただ、それでもプロジェクトにおいての具体性が明確である事が必要ですので、如何なる形態種類のものではあっても、この点はしっかりとしておく事は必須です。

MENU

TOPへ